顔射の概要

この行為により相手の象徴の一つである「顔」に射精する事に依って相手に被征服感を持たせるとともに、愛する相手の顔を自らの精液で彩る征服感や破壊感や独占感等が、男女または男性同士の性的興奮を誘う行為である。

近年、若年層世代にはアダルトビデオを性行為の手本にしている男性が少なからず存在し、顔面射精を本当に全ての相手が喜ぶ行為と思い込んで行ったり、男女または男性同士の性行為で当然に行なうものと誤解していたりするケースがあるとされる。

顔面射精に及ぶ際には、事前に相手の意向を聞いておくべきであり、相手が嫌がる場合は無理強いをしないのはマナーである。 また顔面射精後は相手の顔に掛かった精液を親切丁寧に愛情を持って綺麗に濡れティッシュや乾いたティッシュで拭き取り、優しい抱擁や接吻をしたり愛情の篭った言葉をかけるのが礼儀である。 男性の精液は粘膜を冒す性質が有る為、目に入ると非常に沁みるだけでなく、結膜炎を患う場合が有り、淋菌などの雑菌が精液に混在していた場合には失明する危険性もある。受ける側の人は絶対に目を開けず、男性は速やかに精液を拭き取る事。実際にそうした行為による問い合わせが近年激増している。 また性行為感染症の感染率が高まる為に、不特定多数との性行為が認められるパートナーとはこうした行為は慎む事が望ましい。

実際には、顔面射精の行為に依って相手が得られる快感は無くメリットは殆ど無いのに対し、衛生的な懸念、化粧が崩れる他、後処理が面倒等のデメリットが多い為、受ける側の人の中には嫌う人は少なくない。また顔面射精をスムーズに行なう為にはコンドームを着用しない方が良い為、避妊しない性行為の誘発となる可能性もある。 一方、好奇心や愛する男性の精液を受け止めたい人、またはマゾヒスティックな性向を持つ人、或いは男性と同じく思い込みに依り顔面射精を受け入れる人も存在する。

yz[y[W쐬uz | {EEDVDEAjEƓdEQ[ | WebRTeBOT[rX
ƊENOP̃Cu`bg | łŊwׂIb`ciiu | 20GB ̃ICXg[W
򑐂̎iI y򑐃K[fuz | ŐVj[X | Web | hC | HPXy[X