ニューハーフについて

女性的な服装さえしていれば一応ニューハーフではあるが、一般的には「女性にしか見えない」ようなレベルに到達していることが求められ、一見して男性と分かる人は差別的?蔑視的に「おかま」と呼ばれてしまう場合が多い。ただ、そもそもショーパブやニューハーフ専門の性風俗店には性別が曖昧な人を求めてくる人たちもいるので、男性的な顔立ちであってもそれなりの「需要」がある場合は多い。

また、ショーパブでは意図的にそういう「色物」を演じている人たちもいる。「色物」派などの中には性自認は完全な男性で、仕事として割り切ってニューハーフあるいは「おかま」を演じている人たちもいる。なお、当事者にとっては「おかま」という呼称は差別語?蔑視語なので使用しない方が望ましい。

よく「性同一性障害」と混同されるが、両者は異なるレベルの概念である。性同一性障害は精神医学の用語であるのに対し、ニューハーフは職業上の類型的概念である。ニューハーフの世界にも、性同一性障害の医学的診断を受けている者も存在するが、自分は性同一性障害とは違うと明言する者もおり、個々人の性同一性障害概念へのスタンスはまちまちである。

なお、ニューハーフとトランスジェンダーの関係については、トランスジェンダーの定義にもよるが、トランスジェンダーを広く文化的?社会的な性別の越境を意味するものとする広義の定義をとれば、ニューハーフはトランスジェンダーの一種ということになる。

yz[y[W쐬uz | {EEDVDEAjEƓdEQ[ | WebRTeBOT[rX
ƊENOP̃Cu`bg | łŊwׂIb`ciiu | 20GB ̃ICXg[W
򑐂̎iI y򑐃K[fuz | ŐVj[X | Web | hC | HPXy[X